銀行取引

社長の思い、銀行員の思い

 

経営に欠かせないお金。中小企業の資金繰りに大きく影響するのが、融資に関する交渉です。

 

*今月は資金が不足しそうで融資を受けたいのに、

「なぜ資金が足りなくなったのか?事業の状況はどうか?どうやって返済するか?」銀行や信用金庫に書類を求められるが、作成できずに困っている。

 

*返済が苦しいけれど、銀行や信用金庫に難しく言われて対応や資金繰りに振り回されている。毎月、状況を聞かれあれこれ書類を求められ仕事どころではない

 

こんな経営者に頼れる参謀の役目を果たします。

 

「銀行と良好な関係を築いて資金繰りの不安をなくしたい」経営者なら当然思うことで、誰もわざわざ関係をこじらせたくないですよね。

 

でも、うまくいっていない中小企業、経営者が多いのも事実です。銀行への不満・悪口をよく聞きます。

「銀行は雨が降ったら傘を取り上げる。必要な時にお金は貸してくれない。あれだせこれだせとめんどうなことばかり言うくせに、こっちの言うことは聞いてくれない。」

 

でも、一方で銀行員の思いは

「社長は仕事がとれたことや都合のいいことは話すが、今後の売上見込みや仕事ごとの利益はわかっていない、資金繰りも感覚でやっている。数字や資料で示してくれないと対応しようがない。ふだんの情報もなく、急に希望だけ言われてもどうしようもない。」

 

立場が変わるとそれぞれの思いがあります

でも、話が進まず平行線で一番困るのは企業側。なんとかしなければ存続にかかわります

 

社長の頭の中にあることは

「何にいくら必要。どういう使い道でそれがどれだけ重要なことか、それがないと困るか。一方、仕事は今どこの仕事をしているか、どれぐらい大変か忙しいか」

従業員も含め生活がかかっているのだから当然のことですね

 

でも銀行員の頭の中には

「なぜ、資金が足りなくなったのか(資金が必要な根本の原因は何か、他に資金が流れているのではないか、新たな要因が発生しているのではないか)」

そして、もっと気になることは、「そのお金はいつ返すことができるのか、一度に返せるのか、毎月返済するならそれだけ利益は増えるのか、会社の状況はどうなのか(試算表・資金繰り))」

こちらも預金者から預かる大事なお金ですから、確実に返済できることを確認しないと貸せないわけです

 

会話をしている頭の中にあることが違うのです。銀行員が知りたいことに社長の関心はいってないので答えは見つからず、返済の期間についても根拠なく、できるだけ長く借りたい、となるわけです。

 

会話の論点が全く違う。

話し合いの場にいると、それぞれが別のことについて話していると思うぐらい噛み合ってないと感じることがあります。

 

そこで思ったのが、両方の思いを理解する人間が間に入れば劇的に関係は改善されるのではないか、と思いました。

 

そうすれば、社長の労力もストレスも減り、本来の社長業に専念する時間が増えるだけでも会社の業績は改善されます。本来の社長業、トップ営業や現場の管理に少しでも時間をかけて企業の業績があがる、ひいては銀行のためにもなる。

 

財務コンサルというと堅苦しい肩書になりますが、銀行取引・交渉がスムーズに行くためのコンサルで資金繰り・業績アップ・経営安定に貢献します

銀行交渉は文書や資料で

金融機関と「新規融資」や「取引条件の見直し」で有効な交渉方法は、文書を提出することです。

社長が窓口で1時間熱弁を奮うことより、A41枚でもお願い文のほうが銀行員はありがたいのです。

要望事項を見える化し、その理由や根拠を文書で説明し、数字の裏付けもちゃんとしていれば、交渉はスムーズに行くと思いませんか?

 

経営者の参謀は、銀行取引・交渉がスムーズに行くための交渉方法の指導と、依頼があればその内容の文書を作成します。

 

その結果、社長の労力もストレスも減り、本来の社長業に専念できる時間が増えます。本来の社長業であるトップ営業や現場の管理に少しでも時間をかけることができれば、それが利益アップにも繋がります。